包茎手術の方法

包茎手術の方法

包茎には仮性包茎・カントン包茎・真性包茎などの種類があり、
症状の度合いによっては保険が適用される症例もあります。

 

仮性包茎とは平常時には亀頭が露出しない状態で、
勃起時には亀頭が露出するようなタイプの事を言います。

 

カントン包茎は亀頭を覆っている包皮が亀頭よりも狭いという事が原因で、
勃起時に亀頭を出す事が出来ないという状態のタイプです。
亀頭を無理に出そうとする場合は包皮に亀頭が締め付けられるという場合があります。

 

真性包茎は保険が適用されるケースが多いタイプの包茎で、
平常時や勃起時でも亀頭が露出しない場合が多いです。

 

手術方法は根部切除法と呼ばれる手術跡が陰毛で隠れる手術方法や、
ペニス裏側の亀頭に剃って包皮を切開し余分な皮膚を切除する方法があります。
その他にも手術方法があるので担当医と相談して手術方法を決定する事が大切です。
http://xn--hdks473x40meu2bkvg.net/

 

また、保険を取り扱っているクリニックと取り扱っていないクリニックがありますので、
事前に症状などに関して相談をしておくと安心です。包皮を切除するにも方法がいくつかあり、器具を使って簡単に切り取る方法は殆どが保険のきくお医者さんでの手術方法です。こちらは簡単ですが、仕上がりがイマイチの場合も多いようです。
メンズクリニックなどの包茎手術方法はもっと緻密に計算して手での手術が多いのですが、仕上がりがとてもきれいな半面技術料がとられるため手術が高額になることもあります。